2007年01月25日

Linux ぶら下げたHDのマウント

RedHatの場合
 ・デバイス名
   ブートしたマスターHD --> /dev/hda
   ぶら下げたスレーブHD --> /dev/hdb
 ・デバイスのパーティション情報表示
   fdisk /dev/hdb
    ※パーティションの順に、hdb1,hdb2,hdb3・・・と表示される
 ・マウント(FAT32の第1パーティションの場合)
  @ mkdir /HD2-1 ===任意のマウントポイントを作成
  A mount -t vfat /dev/hdb1 /HD2-1
  B df ==マウントの確認

FreeBSDの場合
 ・デバイス名
   ブートしたマスターHD --> /dev/ad0
   ぶら下げたスレーブHD --> /dev/ad1
 ・デバイスのパーティション情報表示
   fdisk /dev/ad1
    ※パーティションの順に、ad1s0,ad1s1,ad1s2・・・と表示される
 ・マウント(FAT32の第1パーティションの場合)
  @ mkdir /HD2-1 ===任意のマウントポイントを作成
  A mount -t msdos /dev/ad1s0 /HD2-1
  B df ==マウントの確認
posted by 貝貝 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

Outlook Expressのアカウント関係レジストリ

\\HKEY_USERS\S-x-x-x-xxx...\Identities\{xxxxxx-xxxxxx-...}\Software\Microsoft\Internet Account Maneger\Accounts\以下

(キーの名称「Account name」「POP3 Server」「SMTP Server」「SMTP Email Address」等)
posted by 貝貝 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | WinXP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

Mac ユーザーパスワードのクリア

Mac OS XのインストールCDをドライブに挿入し、"C"キーを押しながらCDブートし、ユーティリティメニューから「パスワードをリセット」を実行する。

または
1 再起動し、その直後に「command + R」キーまたはその他の macOS 復元のキーコンビネーションを押し続け、Apple ロゴや回転する地球儀が表示されたら指を放します。
2 「macOS ユーティリティ」ウインドウが表示されたら、メニューバーから「ユーティリティ」>「ターミナル」の順に選択します。
3 ターミナルウインドウで「resetpassword」と入力し、「return」キーを押して、上図の「パスワードをリセット」アシスタントを開きます。
4 「ログインするときにパスワードが機能しない」を選択して「次へ」をクリックし、自分のユーザアカウントについて、画面上の指示に従って進みます。
posted by 貝貝 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Linux シングルユーザーモード

シングルユーザモードでの起動

FreeBSD 5.xの場合は、起動時のメニューから「4」を押せばシングルユーザーモードに入ります。

FreeBSD 4.xの場合、起動時、バトンがくるくる回りながら、kernelを10秒後にロードするという箇所が現れます。そこで、Enter以外のキーを押すと、ブロンプトが出てブート・オプションを選べます。シングルユーザーモードで起動しますので、

boot -s

と入力します(後は、5.xと同じ)。

まず最初に、シェルを選択するのですが、ここでは、shを選択します。

シェルを選択した後、以下を呪文のように実行します。

# fsck -p
# mount -u /
# mount -a -t ufs

この後、passwdコマンドでrootパスワードを変更すれば、マルチユーザーモードでrootログインが可能になる。

※以上の記事
http://www.xdelta.net/wiki/FreeBSD/makeworld.html#h9
posted by 貝貝 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする