2018年01月29日

EnCase V7 Shift-JISテキストの表示

Codepageになぜか「Shift-JIS」(CP932)がないため、「Japanese(MAC)」(10001)を選択して日本語表示する
posted by 貝貝 at 17:03| Comment(0) | EnCase | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BITLOCKER関連まとめ

〇 利用可能なOS・エディション
フル機能サポート(BitLockerボリュームの作成/管理、GUI・CUIでの管理)
 ・Windows 7 Ultimate/Enterprise
 ・Windows 8/8.1/10 Pro/Enterprise
 ・Windows Server 2008〜2016
読み書きのみ(ロック解除と読み書き、manage-bde.exe等のCUIでの管理)
 ・Windows 7 Home Basic/Home Premium/Professional
 ・Windows 8/8.1(無印エディション)
 ・Windows 10 Home
読み出しのみ(「Bit Locker To Goリーダー」ツールによる読み出し)
 ・Windows XP
 ・Windows Vista Home Basic/Home Premium

〇 リムーバルメディア(Bitlocker To Go)やCドライブ以外の内蔵HDDの暗号化機能
・ エクスプローラ上でドライブ名を右クリックして[BitLockerで有効にする]を選択するか、コントロールパネルの[システムとセキュリティ]−[BitLockerドライブ暗号化]ツールで対象ドライブの[BitLockerで保護する]を実行し、解除パスワードを指定する
・ パスワードがわからなくなった等、非常時用の回復キー(48桁)が生成され、データとして保存するか、紙に印刷するかを選択できる。Microsoftアカウントのクラウドに保存することも可能。
・ 接続時に解除パスワードを入力することにより利用可能になる
・ 利用パソコンに接続すると、自動ロック解除する設定も可能

〇 内蔵HDDのOSドライブ(Cドライブ)の暗号化機能
・ 設定方法は上記と同じ
・ 暗号化キーはパソコンのTPMチップに保存され、起動時に自動ロック解除される
・ 取り外して、リムーバルドライブとして接続した場合は上記と同じ

〇 回復キーによる復号方法
・ パスワード入力ウィンドウで「その他オプション」−「回復キーの入力」を選択する
・ 回復キーはコピー&ペーストすることが可能

〇 回復キーの取得
・ ロック解除状態であれば、パスワードの入力等なしに回復キーの再保存や再印刷が可能
・ 管理者権限のコマンドラインから、次のコマンドで表示することもできる
   manage-bde -protectors -get C:  (※ -getの後方は対象ドライブレター)

〇 フォレンジックツールによる対応
・ EnCase Forensicでは、自動的にBITLOCKER暗号化メディアを検知し、回復キーの入力を要求する
・ X-WaysにはBITLOCKER解除機能はない

〇 BITLOCKERの無効化
・ ロック解除状態であれば、BITLOCKERを無効にして非暗号化メディアに復元することが可能
・ 無効化には相当の時間がかかる。過去の事例では、500GBのHDDで約4時間
posted by 貝貝 at 16:22| Comment(0) | Win全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

UFEDによる iTunes Backup の暗号化解除

@ UFED ULTIMATEのトップメニューから、画面右上の「ツール」をタップし、iPhoneを接続
A 「Disable iTunes encryption password」をタップ
B 解除成功後、通常通りデータ抽出を行う
  ※ 成功する確率は高くない
UFED1.jpg@
UFED2.jpgA
posted by 貝貝 at 15:32| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

URLデコード&BASE64デコード

ブラウザで完結! 文字列操作スクリプト version 1.0

URL(%)
BASE64
HEX

デコード
エンコード


posted by 貝貝 at 08:10| Comment(0) | Internet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする