2018年05月17日

UFED抽出データをOxygen Forensicへインポート(iPhone)

iPhoneからUFED Ultimateで抽出したデータをOxygen Forensicへインポートする手順
(Softbank iPhone 5Cの例)

@ UFED抽出データのフォルダから「FileSystem 01\SoftBank_iPhone 5C.zip\iPhoneDump\Backup Service\」以下を解凍する
A OxygenでFile−import backup fileを実行し、「iTunes Backup」を選択し、上記フォルダから「Manifest.plist」を選択する
B iTunes Backupのパスワードを入力する
  ※ パスワードなしの場合でも、UFEDが自動的にパスワード「1234」を設定している場合がある(プライベートデータ抽出のため)
posted by 貝貝 at 10:51| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。