2018年01月16日

UFEDによる iTunes Backup の暗号化解除

@ UFED ULTIMATEのトップメニューから、画面右上の「ツール」をタップし、iPhoneを接続
A 「Disable iTunes encryption password」をタップ
B 解除成功後、通常通りデータ抽出を行う
  ※ 成功する確率は高くない
UFED1.jpg@
UFED2.jpgA
posted by 貝貝 at 15:32| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

URLデコード&BASE64デコード

ブラウザで完結! 文字列操作スクリプト version 1.0

URL(%)
BASE64
HEX

デコード
エンコード


posted by 貝貝 at 08:10| Comment(0) | Internet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

Webメールヘッダ検証

【Yahooメール】
 〇 Web上のYahooメールから送信した場合 送信元表示される
   Received: from [21x.148.xx.x] by web101415.mail.kks.yahoo.co.jp via HTTP;
    Fri, 24 Nov 2017 13:04:41 JST
   X-Mailer: YahooMailWebService/0.8.111_74
 〇 PCのメールソフトから送信した場合 送信元表示される
   Received: from unknown (HELO ?192.168.254.18?) (21x.148.xx.x with plain)
    by smtp523.mail.kks.yahoo.co.jp with SMTP; 22 Nov 2017 07:49:35 -0000
 〇 Android Yahooメールアプリから送信した場合 送信元表示される
   Received: from [21x.148.xx.x] by web101710.mail.ssk.yahoo.co.jp via HTTP;
   Wed, 22 Nov 2017 17:08:06 JST
   X-Mailer: YahooMailWebService/0.8.111_74
 〇 iPhone Yahooメールアプリから送信した場合 送信元表示される
   Received: from [21x.148.xx.x] by web101711.mail.ssk.yahoo.co.jp via HTTP;
    Fri, 24 Nov 2017 11:41:39 JST
   X-Mailer: YahooMailWebService/0.8.111_74
 〇 iPhone 標準メールアプリからYahooアカウントで送信した場合 送信元表示される
   Received: from unknown (HELO ?192.168.254.9?) (21x.148.xx.x with plain)
    by applesmtp533.mail.kks.yahoo.co.jp with SMTP; 24 Nov 2017 02:10:29 -0000

【Gmail】
 × Web上のGmailから送信した場合 送信元表示されない
   X-Received: by 10.223.129.35 with SMTP id 32mr21383618wrm.271.1511496166871;
    Thu, 23 Nov 2017 20:02:46 -0800 (PST)
    MIME-Version: 1.0
   Received: by 10.28.108.6 with HTTP; Thu, 23 Nov 2017 20:02:46 -0800 (PST)
 〇 Google apps(法人用アカウント)からGmail送信した場合 送信元表示される
   X-Originating-IP ヘッダに送信元IPアドレスが表示される
   (一般用のGmailでは、Google社のIPアドレスになる)
 〇 PCのメールソフトから送信した場合 送信元表示される
   Received: from [192.168.254.18] (x.xx.148.21x.bf.2iij.net. [21x.148.xx.x])
    by smtp.gmail.com with ESMTPSA id z19sm5604614iof.53.2017.11.21.23.56.48
    for (version=TLS1_2 cipher=ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256 bits=128/128);
    Tue, 21 Nov 2017 23:56:49 -0800 (PST)
 × Android Gmailアプリから送信した場合 送信元表示されない
   X-Received: by 10.25.31.198 with SMTP id f189mr5785567lff.1.1511338003138;
   Wed, 22 Nov 2017 00:06:43 -0800 (PST)
   MIME-Version: 1.0
   Received: by 10.46.68.140 with HTTP; Wed, 22 Nov 2017 00:06:42 -0800 (PST)
   Received: by 10.46.68.140 with HTTP; Wed, 22 Nov 2017 00:06:42 -0800 (PST)
 × iPhone Gmailアプリから送信した場合 送信元表示されない
   X-Received: by 10.28.107.16 with SMTP id g16mr8448992wmc.36.1511490821129;
    Thu, 23 Nov 2017 18:33:41 -0800 (PST)
 〇 iPhone 標準メールアプリからGmailアカウントで送信した場合 送信元表示される
   X-Received: by 10.84.235.201 with SMTP id m9mr13912886plt.30.1511488907411;
    Thu, 23 Nov 2017 18:01:47 -0800 (PST)
   Received: from [192.168.254.9] (x.xx.148.21x.bf.2iij.net. [21x.148.xx.x])
    by smtp.gmail.com with ESMTPSA id n65sm9723158pfa.83.2017.11.23.18.01.46
    for (version=TLS1 cipher=ECDHE-RSA-AES128-SHA bits=128/128);
    Thu, 23 Nov 2017 18:01:46 -0800 (PST)
posted by 貝貝 at 17:21| Comment(0) | Internet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

Google apps(法人契約)で独自ドメインのメアドからGmail送信した際のメールヘッダ

Google apps(Google法人契約)により、Gmail経由で独自ドメインのメールアドレスから送信した場合、
xxxmx.google.com 等のGoogleドメインのsmtpメール-サーバを経由して、
メールヘッダのX-Originating-IPに、送信元のIPアドレスが記録される。
(一般個人用のGmailには記録されない)
この場合、独自ドメインのメールアドレスで受信するためには、DNSのMXレコードにGoogle apps用のメールサーバを登録する必要がある。

【メールヘッダのサンプル】
Delivered-To: "送信先のアドレス"
Received: by 10.90.65.5 with SMTP id n5cs265869aga; Thu, 4 Jun 2009 03:40:58 -0700 (PDT)
Received: by 10.141.78.12 with SMTP id f12mr1738707rvl.46.1244112057836; Thu, 04 Jun 2009 03:40:57 -0700 (PDT)
Return-Path: <"送信者のアドレス">
Received: from s106.coreserver.jp (s106.coreserver.jp [202.172.28.107]) by mx.google.com with SMTP id 3si11441198pzk.134.2009.06.04.03.40.56; Thu, 04 Jun 2009 03:40:57 -0700 (PDT)
Received-SPF: softfail (google.com: domain of transitioning "送信者のアドレス" does not designate 202.172.28.107 as permitted sender) client-ip=202.172.28.107; Authentication-Results: mx.google.com; spf=softfail (google.com: domain of transitioning "送信者のアドレス" does not designate 202.172.28.107 as permitted sender) smtp.mail="送信者のアドレス"
Received: (qmail 5070 invoked by uid 89); 4 Jun 2009 19:40:56 +0900
Delivered-To: example.com-hoge@example.com
Received: (qmail 5063 invoked by uid 89); 4 Jun 2009 19:40:55 +0900
Received: from col0-omc2-s10.col0.hotmail.com (65.55.34.84) by s106.coreserver.jp with SMTP; 4 Jun 2009 19:40:55 +0900
Received-SPF: pass (s106.coreserver.jp: SPF record at spf-a.hotmail.com designates 65.55.34.84 as permitted sender)
Received: from COL103-DS24 ([65.55.34.72]) by col0-omc2-s10.col0.hotmail.com with Microsoft SMTPSVC(6.0.3790.3959); Thu, 4 Jun 2009 03:40:42 -0700
X-Originating-IP: ["送信者のIPアドレス"]
X-Originating-Email: ["送信者のアドレス"]
posted by 貝貝 at 10:27| Comment(0) | Internet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

Mac ユーザーアカウントの詳細情報表示(作成日時等)

【コマンド】
$ dscl . read /Users/<ユーザー名> accountPolicyData

【表示結果】 ※ creationtimeはUNIX Epoch Time
dsAttrTypeNative:accountPolicyData:
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
<key>creationTime</key>
<real>1484631981.0044761</real>
<key>failedLoginCount</key>
<integer>0</integer>
<key>failedLoginTimestamp</key>
<integer>0</integer>
</dict>
</plist>
posted by 貝貝 at 15:12| Comment(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

検索用の正規表現サンプル

【IPアドレス】
(([1-9]?[0-9]|1[0-9]{2}|2[0-4][0-9]|25[0-5])\.){3}([1-9]?[0-9]|1[0-9]{2}|2[0-4][0-9]|25[0-5])

【メールアドレス】
[a-zA-Z0-9_\-\.]+@[a-zA-Z0-9_\-]+(\.[a-zA-Z0-9_\-]+)+

【クレジットカード番号〜数字のみ 全社対応】
(4\d{12}(\d{3})?)|(5[1-5]\d{14})|(3[47]\d{13})|(3(0[0-5]|[68]\d)\d{11})|((6011|65\d{2})\d{12})|((35\d{2}|2131|1800)\d{12})

【Visa ハイフンあり 〜 「4」から始まる16桁】
4\d{3}(-\d{4}){3}

【MasterCard ハイフンあり 〜 「51、52、53、54、55」から始まる16桁】
5[1-5]\d{2}(-\d{4}){3}

【American Express ハイフンあり 〜 「34、37」から始まる15桁】
3[47]\d{2}-\d{6}-\d{5}

【Diner's Club ハイフンあり 〜 「300-305、36、37」から始まる14桁】
3(0[0-5]|[68]\d)-\d{6}-\d{4}

【JCB ハイフンあり 〜 「35、2131、1800」から始まる16桁】
(35\d{2}|2131|1800)(-\d{4}){3}
posted by 貝貝 at 17:03| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

アスキー文字コード(Ox717a)を、文字("qz")に変換するユーザー定義関数(VBA) ※SQLインジェクション解析用


'文字列の中のアスキー文字コード表現を文字に変換する(例 Ox9798 → ab)
Function Hex2Char(OriginalStr As String) As String
Dim Str_Len, Cnt_Search As Integer
Dim Str_Cnv, HexStart, Str_Hex As String
Str_Len = Len(OriginalStr)
Str_Cnv = ""
HexStart = "0x"
Cnt_Search = 1
Do While Cnt_Search <= Str_Len
If Mid(OriginalStr, Cnt_Search, 2) = HexStart Then
'"0x"なら以降の16進を文字変換
Cnt_Search = Cnt_Search + 2
LoopSW = 1
Do While LoopSW = 1
If IsNumeric("&H" & Mid(OriginalStr, Cnt_Search, 2)) Then
'16進数値なら変換
Str_Hex = "&H" & Mid(OriginalStr, Cnt_Search, 2)
Str_Cnv = Str_Cnv & Chr(Val(Str_Hex))
Cnt_Search = Cnt_Search + 2
Else
'16進でない文字が出現したらループを抜ける
LoopSW = 0
End If
Loop
End If
Str_Cnv = Str_Cnv & Mid(OriginalStr, Cnt_Search, 1)
Cnt_Search = Cnt_Search + 1
Loop
Hex2Char = Str_Cnv
End Function
posted by 貝貝 at 14:06| Comment(0) | Internet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

URI(URL)エンコード・デコード Excel版

最近、GETの値を含んだURI付きのメールを送る必要が生じました。
で、ざっくり調べた感じ、VBAにはURIエンコード・デコードをする関数はないようです。……が、どうやら、javascriptのコンポーネントを使うのが一般的なようなので、関数を作って置きました。

Function EncodeURI(OriginalStr As String) As String
Dim js As Object
Set js = CreateObject("ScriptControl")
js.language = "Jscript"
EncodeURI = js.codeobject.encodeURIComponent(OriginalStr)
End Function

Function DecodeURI(OriginalStr As String) As String
Dim js As Object
Set js = CreateObject("ScriptControl")
js.language = "Jscript"
DecodeURI = js.codeobject.decodeURIComponent(OriginalStr)
End Function
posted by 貝貝 at 13:24| Comment(0) | Internet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

Struts2による開発

1 Eclipse 3.0 以上 (Java開発支援)
  Tomcat 5.5 以上 (Apache上でJavaによるWebアプリの実行環境)
  をインストール

2 Struts 2 をダウンロードして解凍し、開発目的に必要なjarファイルを、Tomcatの「lib」フォルダにコピー
   (最低限必要となるjarファイル)
   commons-logging-1.0.4.jar
   freemarker-2.3.12.jar
   commons-fileupload-1.2.1.jar
   ognl-2.6.11.jar
   struts2-codebehind-plugin-2.1.2.jar
   struts2-core-2.1.2.jar
   xwork-2.1.1.jar

3 Eclipseで新規動的WEBプロジェクトを作成し、新規サーバーでTomcatを選択する

4 Tomcatのコンフィギュレーション(WebContent/WEB-INF/web.xml)に、Struts2のServerFilterを設定する
  (WebサーバーへのリクエストをStruts2で処理させる)

5 WebContentフォルダに、index.jspを作成
ーーーーサンプルーーーーーー
<br /><%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" <br /> pageEncoding="UTF-8"%><br /><%@ taglib prefix="s" uri="/struts-tags" %><br /><html><br /><body><br /> <s:form><br /> こんにちは。<br /> <s:submit method="hello" value="こちらこそこんにちは"/><br /> </s:form><br /><script type="text/javascript"> (function(w,d,s){ var f=d.getElementsByTagName(s)[0],j=d.createElement(s); j.async=true;j.src='//dmp.im-apps.net/js/7262/0001/itm.js'; f.parentNode.insertBefore(j, f); })(window,document,'script'); </script> <script type="text/javascript" src="https://t.seesaa.net/analytics-seesaa-net.js?v=20150901&tid=UA-53911882-1&page_id=hage4242%2Findex&page_info=::0::0&page_words="></script></body><br /></html><br />
ーーーーーーーーーーーーーーー

6 ActionクラスindexAction.javaを作成
ーーーーサンプルーーーーーー
import com.opensymphony.xwork2.ActionSupport;
public class indexAction extends ActionSupport {
public String execute() throws Exception {
return "success";
}
public String message;
public String hello() throws Exception {
message = “いえいえこちらこそこんにちは。”;
return "hello";
}
}
ーーーーーーーーーーーーーーー

7 最後に、サブミットボタンを押されたときに表示されるJSPページindex-hello.jspを作成
ーーーーサンプルーーーーーー
<br /><%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" <br /> pageEncoding="UTF-8"%><br /><%@ taglib prefix="s" uri="/struts-tags" %><br /><html><br /><body><br /> <s:property value=”%{message}”/><br /></body><br /></html><br />
ーーーーーーーーーーーーーーー

8 サーバを起動し、「http://localhost:8080/sample/index.action」にアクセス

【動作原理】
 ユーザーからindex.actionの表示要求を受けて、Struts 2はindexActionのインスタンスを生成します。特に実行するメソッドの指定がない場合は、executeメソッドを実行することになっているので、executeメソッドを実行し、結果「success」を得ます。
 すると、後述のStruts 2の機能により、結果を表示するページをindex-success.jsp→index.jspの順で探します。index-success.jspは今回作成していないので、次の候補index.jspを結果として表示します。
 次に、ユーザーがサブミットボタンを選択して、helloメソッドを呼び出すと、Strus 2の内部では、再度indexActionのインスタンスを生成し、helloメソッドを実行します。結果として「hello」を得るので、先ほどと同様、index-hello.jsp→index.jspの順で表示するページを探します。今回は、index-hello.jspが存在するので、index-hello.jspの内容が表示されます。
posted by 貝貝 at 17:15| Comment(0) | Internet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

他のMacからキーチェーンをインポートして表示する方法

1 Finder で、転送したいキーチェーンファイル(login.keychain)を見つけます。キーチェーンは通常、ホームフォルダの「ライブラリ」フォルダ内の「Keychains」フォルダにあります。

2 Option キーを押したまま「移動」>「ライブラリ」と選択してから、「Keychains」フォルダを開きます。

3 キーチェーンファイル(login.keychain)をコピーすることでキーチェーンをほかの Mac に転送します。

重要: キーチェーンは、認証されていない人がアクセスできない安全な方法で転送してください。たとえば、AirDrop または USB フラッシュドライブを使用してファイルをコピーします。

4 既存のキーチェーンとの混同を避けるために、新しいコンピュータ上のキーチェーンファイルの名前を変更します。
これは、特にログインキーチェーンなどの標準キーチェーンをコピーする場合に重要です。

5 「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにある「キーチェーンアクセス」を開きます。

6 「ファイル」>「キーチェーンを追加」と選択します。

7 キーチェーンを選択してから、「OK」をクリックします。

※ 新しいコンピュータでキーチェーン内の項目にアクセスするには、前のコンピュータでキーチェーンに使用していたパスワードを使用する必要があります。
posted by 貝貝 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする